ニュース交差点:科学 大型実験施設、北上山地に

毎日小学生新聞

  超大型加速器(ちょうおおがたかそくき)「国際(こくさい)リニアコライダー」(ILC)の国内(こくない)の建設候補地(けんせつこうほち)が23日 (にち)、岩手(いわて)・宮城両県(みやぎりょうけん)にまたがる北上山地(きたかみさんち)に決(き)まりました。佐賀(さが)・福岡両県(ふくおか りょうけん)にまたがる脊振山地(せふりさんち)との間(あいだ)で誘致活動(ゆうちかつどう)が進(すす)んでいましたが、ILCを推進(すいしん)す る国内(こくない)の研究者(けんきゅうしゃ)でつくる「ILC戦略会議(せんりゃくかいぎ)」が同日(どうじつ)、記者会見(きしゃかいけん)して発表 (はっぴょう)しました。

ILCは宇宙誕生(うちゅうたんじょう)の謎(なぞ)に迫(せま)る実験装置(じっけんそうち)です。脊振山地 (せふりさんち)はダムや都市(とし)の地下(ちか)を通(とお)る点(てん)が難点(なんてん)でした。北上山地(きたかみさんち)は耐震性(たいしん せい)に優(すぐ)れ、工期(こうき)や費用(ひよう)が縮減(しゅくげん)できると評価(ひょうか)されました。ただし政府(せいふ)は誘致(ゆうち) を決(き)めておらず、実現性(じつげんせい)は未知数(みちすう)です。