国際リニアコライダー:北上山地、建設候補 ILCに高まる期待 「震災復興にも効果」 /宮城

毎日新聞

23 日、宇宙誕生の謎に迫る超大型加速器「国際リニアコライダー」(ILC)の国内建設候補地に岩手・宮城両県の北上山地が選ばれたことを受け、大学や自治 体、経済団体などでつくる「東北ILC推進協議会」(99団体)は記者会見し、「東日本大震災からの復興にも効果がある」との見方を示した。

北上山地のILC計画では、岩手県奥州市・一関市から気仙沼市までの50キロの地下トンネルを建設。同会などは、工事や新産業の創出のほか、国内外の研究者が集まる国際研究都市の誕生などを想定し、国内経済波及効果4・3兆円を見込む。

こ の日の会見で、同会代表の里見進・東北大学長は「世界を革命的に変える研究成果」への意欲を語った。 一方、8300億円以上とされる建設費に対しては「未来の子供に夢を作る大きな仕事」と国を挙げて予算確保などを進める必要性を訴えた。同代表の高橋宏 明・東北経済連合会会長は他国との費用負担交渉を必要とした。

一方、村井嘉浩知事は記者団に「財源は国内外から集めなければならず、岩手県を中心にして政府に働きかける。しかし、自治体の財政負担は無理」として、県は研究者らの住居やインフラ整備で協力する考えを示した。

気仙沼市の菅原茂市長も記者団に「関連産業立地に伴う経済波及効果のほか、地域活性化、人材育成など各分野への寄与が期待できる」と歓迎。建設される際、同市は、海上輸送や一次組み立ての拠点、各国研究者の居住区になることなどが期待されている。

また、日本への誘致そのものが決まっていないことについて菅原市長は、「宮城、岩手両県や一関市、奥州市など関係団体と一体となり、誘致活動を展開していきたい」と述べた。