古川知事、「割り切れぬ」 ILC誘致問題

佐賀新聞

研 究者グループが国際リニアコライダー(ILC)の国内候補地に北上山地(岩手、宮城)を選定した23日、脊振山地への誘致活動を進めてきた古川康知事 や推進協議会の関係者からは「残念」という声とともに、「まだ納得できない」「詳しい説明を聞きたい」と直接説明を求める声が相次いだ。古川知事は「これ で終わったとは思っていない」と述べ、研究者から説明を聞いた後、誘致活動を継続するかどうか判断する考えを示した。

古川知事や佐賀、唐 津、神埼3市の誘致推進協議会のメンバーらが県庁に集まり、結果発表をインターネット中継で見守った。研究者が「全会一致で、次の結論に至った」と話す と、古川知事は身を乗り出した。「北上を最適と評価する」-。脊振の“落選”に、知事は腕を組み、口を真一文字に結んで悔しさをにじま せた。

選 定理由を聞きながら、時折、首をかしげていた古川知事は報道陣に「一言で言うと残念。結果は尊重しなくてはならいと思う」としつつ、「今は割り切れな い。厳しい基準に基づく断層の調査を受けているのは九州だけ。活断層の有無について、同等の条件だったのか尋ねたい」と率直な感想を述べた。近く研究者か ら説明を受ける場を設け、疑問点をただす。

誘致事業については「これで終わったとは思っていない」と話し、事業継続の是非は「研究者の説明を聞いた上で判断する」とした。

唐 津商工会議所の宮島清一会頭も県庁で中継を見守り、「脊振と北上の活断層調査の精度の差や地震に対する評価など、この評価でいいのかという思いはある」と 納得しきれない表情。神埼市商工会の古賀義治会長は「経済効果や地域の街づくり、教育レベルの向上など10年、15年先までの期待もあっただけに残念」と 声を落とした。

有志で脊振山地への誘致を求める署名を35万人分以上集めた福岡市の原啓介さんは「厳しい状況になったのは間違いないが、これが正式決定ではない」と政府判断に望みをつないだ。

ILC研究を20年続け、評価会議の委員を務める佐賀大理工学部の杉山晃教授は「残念だったが、科学的観点からの結論であり、謙虚に受け止めないといけない。まだ、ILC計画そのものが実現するか分からない段階で、引き続き努力したい」と計画実現に向けて気を引き締めた。