ILC誘致、脊振は「落選」 東北・北上山地に候補地一本化 [佐賀県]

西日本新聞

次 世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の誘致を目指す研究者グループが23日、都内で会見し、国内の建設候補地を北上山地(岩手県、宮城県)に一 本化すると正式に発表した。誘致を競っていた脊振山地(佐賀県、福岡県)は、建設ルートが都市部やダム湖の下を通り、工期が長くなり、費用も膨 らむ恐れがあるなどとして外れた。

研究者グループは「ILC立地評価会議」(共同議長・川越清以(きよとも)九州大教授、山本均東北大教 授)を設け、約半年かけて両候補地の地下の安定性や建設費、利便性などを比較調査した。その結果、脊振山地は最大50キロの地下トンネルの想定ルートが佐 賀県唐津市の一部や北山ダム(佐賀市)などの下を通り、工期や費用に影響が出ると指摘。近くに複数の断層があることも懸念材料とした。

一 方、北上山地は岩盤が安定しており、最も近い活断層もルートから約20キロ離れているとして、「大きく優位である」と結論づけた。北上山地と脊振山地の技 術評価点は、「68対46」と差が開いた。選考結果について、ILCの国内誘致を目指す国会議員連盟に所属する九州選出の衆院議員は「ダム湖の下を通るこ とは最初から分かっていたはずだ」と批判した。

文部科学省は、今回の結果を「判断材料の一つ」にとどめる考えで、誘致の是非や候補地はあ らためて検討する方針。文科省から誘致の是非を問われた日本学術会議の検討委員会(委員長・家泰弘東京大教授)は、1兆円近い建設費の分担など不確定要素 が多いとして、今月12日、「誘致は時期尚早」とする見解をまとめている。