【速報】ILC国内候補地に北上山地

岩手日報

超 大型加速器・国際リニアコライダー(ILC)の候補地について、研究者のILC立地評価会議(共同議長・山本均東北大大学院教授、川越清以九州大 大学院教授)は23日午前、東京大で記者会見し、「国内候補地として北上山地が最適と評価する」として本県の北上山地(北上高地)を選定したと発表した。

福 岡、佐賀両県の脊振(せふり)山地と比較検討した結果「技術的観点および社会環境の観点からの評価を行い、全会一致で 結論に至った」と述べた。研究者は事実上の世界の候補地として今後、北上山地に合わせた実施設計などに入る。ただ、建設費などの課題があるため、政府が実 際に日本に誘致するかの判断はまだ先になる見通しだ。