ILC候補地23日公表 研究者・評価会議

岩手日報

国際リニアコライダー(ILC)の候補地について、研究者によるILC立地評価会議(共同議長・山本均東北大大学院教授、川越清以九州大大学院教授)は23日に選定結果を公表することになった。

同会議は本県の北上山地(北上高地)と福岡、佐賀両県の脊振(せふり)山地の二つの候補地について、地質や水・電力の供給体制などの技術面と住居や医療、教育などの社会環境基盤から評価。最終的に候補地をどちらかに絞り、都内で記者会見して公表する。

ただ、ILCについて審議している日本学術会議は、誘致については2、3年調査した上で政府が判断すべきとの見解。研究者が候補地を絞っても正式決定にはならず、日本への誘致そのものが実現するかの判断はしばらく先になる見通しだ。