ILC誘致を決議 北海道・東北六県議会議長会議 宮城

産經新聞

 

 

  北海道・東北六県議会議長会議が23日、仙台市内で開かれ、次世代加速器「国際リニアコライダー」(ILC)の東北誘致を求める決議案を全会一致 で可決した。決議では、(1)国が日本誘致の方針を早期に決定(2)岩手県南部の北上山地が候補地として適地と判断された場合、東北の復興に貢献するプロ ジェクトとして強力に支援すること-などを求めている。

ILCの東北誘致で、建設から運用段階までの30年間で約4兆3千億円の経済波及 効果があると推計されていることから、議案提出者の岩手県議会は「東日本大震災で被災した東北の復興の原動力になる」と説明した。国内候補地については、 ILC立地評価会議が7月ごろまでに一本化することにしている。