北海道・東北 県議会議長会

NHK

 

 

東北6県と北海道の議会の議長らが仙台市で会議を開き、東日本大震災からの復旧・復興のために予算や人的支援の拡充を求める要望をまとめ、政府に申し入れることになりました。
仙台市青葉区で開かれた会議には東北6県と北海道の議会の議長や副議長が出席しました。
冒頭、宮城県議会の中村功議長が、「震災からの復旧・復興に向け解決しなければならない問題は山積し、時間の経過とともに、より複雑な、根の深い問題も多発している。被災地への長期的な支援が必要だ」とあいさつしました。
このあと会議では、東日本大震災からの復旧・復興に向けて長期的な財政支援の拡充や、職員不足が続く自治体への人的な支援、それに復興交付金や復興特区などの制度を柔軟に運用することなどを求める要望をまとめ、政府に申し入れることになりました。
また、世界最先端の素粒子研究施設「国際リニアコライダー」を岩手県の北上山地に誘致することを進める決議を採択しました。