宇宙の真空テーマに講演 ILC唐津講演会

佐賀新聞

 

 

国 際リニアコライダー(ILC)の脊振山地誘致を目指すILC唐津推進協議会(宮島清一会長)の第3回講演会が6月8日午後2時から、唐津市民会館大 ホールで開かれる。東京大学のカブリ数物連携宇宙研究機構の村山斉機構長(49)が「宇宙の真空をびっしり満たすヒッグス粒子」をテーマに講演する。

同 機構は数学と物理の連携で宇宙論最大のテーマである暗黒物質の謎に迫っている。村山氏は昨年、内閣府が選んだ「世界で活躍し、日本を発信する日本人」 にも選ばれるなど、日本を代表する素粒子理論研究者の1人。当日は地元高校生の質問に答え、宇宙論をわかりやすく解説する。

入場無料で、定員は800人。問い合わせは唐津市企画政策課、電話0955(72)9115。