復興庁にILC誘致要望 県商工会議所連合会

岩手日報

県 商工会議所連合会と県国際リニアコライダー(ILC)推進協議会は18日、復興庁を訪れ、一日も早い復興への取り組みとILCの東北誘致を要望 した。ILC誘致について、谷公一復興副大臣は「大きな夢のあるプロジェクトは必要だ。国全体として誘致を頑張らなければならない」との考えを示した。

両団体の会長を務める元持勝利会長ら7人が訪問し、谷副大臣に要望書を手渡した。復興関連では、土地収用の迅速化やグループ補助金の拡充、放射線による風評被害対策の強化などを要望。

ILCについて同連合会の広田淳専務が「国として日本への誘致を早く意思決定してほしい。復興にも大きく寄与する。北上山地への誘致をお願いしたい」と要請した。