脊振山地に国際実験施設を 県にILC誘致チーム発足

TVQ九州放送

国際的な巨大実験施設、ILC、国際リニアコライダーを脊振山地に誘致するための福岡県のプロジェクトチームが、13日発足しました。

プロジェクトチームに選ばれたのは、県の職員20人です。

誘致の必要性を県民に理解してもらうための広報活動などを行います。

ILCは30キロに及ぶ巨大施設で、電子を光に近い速さまで加速し衝突させ、未知の粒子などを調べることができます。

国内の候補地には、脊振山地の他、岩手県の北上山地の名前が挙がっており、建設費はおよそ8000億円。

施設の周辺は、学術研究都市への発展が期待されています。

プロジェクトチームは13日、1回目の会議を開き、広報活動のスケジュールなどを確認しました。