国際リニアコライダー:誘致に向け、専任組織設置へ 

毎日新聞

知事「脊振地域の特性アピールする」 /佐賀

 素粒子分野の研究施設「国際リニアコライダー(ILC)」の脊振山地への誘致を進めるため、県は年度内にも、専任の組織を設置することとなった。古川康知事が26日の県議会代表質問で答えた。

古 川知事は「ILCが誘致されれば21世紀の科学をリードする国際拠点が誕生する」と誘致の利点を強 調。夏にも国内の候補地が一本化されることなどから「ILCアジア−九州推進会議と一体になって脊振地域の特性をアピールしていきたい」と表明した。専任 組織は、これらの取り組みを限られた時間内にスピーディーに行うために設置する。

県職員課によると、現在はILCに関する事業は新産業・基礎科学課が担当しているが、この中からILCだけを専任で扱う組織を設けるというもので、人数などを検討しているという。【竹花周】