ILC候補地知って 外国人向けに研修会

奥州市国際交流協会(佐藤剛会長)主催の国際リニアコライダー(ILC)研修会は19日、同市水沢区星ガ丘町の奥州宇宙遊学館で開かれた。市内外に 住む外国人に向け、ILCへの理解を深めてもらおうと初めて開催。ILCの国際共同設計チーム・アジア地域ディレクターの横谷馨さん(高エネルギー加速器 研究機構名誉教授)が、ILCの必要性や日本に二つの候補地があることなどを英語で説明。外国人らが積極的に質問し、建設実現の可能性を探った。

研修会には、外国人や一般市民ら70人が参加。外国人は奥州市内外で外国語指導助手(ALT)を務める英国や米国出身者と、市内に住むフィリピン出身者ら12人。

初めに佐藤会長が「ILCは50年近く利用される。東日本大震災の復興にもつながるので応援してほしい」とあいさつ。小沢昌記市長は「ILC建設は 経済、雇用に良い影響を与える。外国人の研究者がたくさん住むことになるので、皆さんにはサポート役として力になってほしい」と呼び掛けた。

横谷さんは「ILCって何、なぜILCなのか」と題して講演。加速器が発達した過程や素粒子の存在、ヒッグス粒子とみられる新しい素粒子の発見など を語りながら「宇宙のメカニズムを解明するために、小さな物質を研究する。その小さな物質を知ることで宇宙が理解できる。解明には高性能な加速器が必要で ILCの建設が必要になっている」と説明した。

日本には北上山地(北上高地)と九州の脊振山地と候補地が二つあり、「ILCの技術は用意完了している。その技術が人類の知識を広げ、先端技術推進につながると期待している」と語った。

質問では震災の影響や必要な電力量などを聞く外国人もいて、横谷さんは「震災で地表にダメージがあったが、地下は問題がない。関係ないと思う」と回答した。

参加した金ケ崎町在住のボー・アンドリューさん(23)は「ILCが日本そして東北を有名にするチャンスだと思う」と話していた。