ILC誘致のPR動画を制作、4月に配信

佐賀、福岡両県が脊振山地への誘致を目指している国際リニアコライダー(ILC)で、両県は啓発用の一般向け動画と、脊振地域の良好な立地条件をアピールする海外研究者向けの動画を制作する。4月ごろの配信を目指している。

一般向け動画は、専門的な内容ではなく、ILCについて知るきっかけづくりという位置づけ。海外の研究者向けは、脊振地域のアクセスや居住環境などを伝える。動画は5分以内で制作する。

誘致には一般県民の理解や研究者への立地条件のアピールが必要と判断し、両県が共同で取り組む。事業費787万5千円は折半する。

制作コンペの参加は昨年12月下旬に募集を開始しており、1月9日に締め切る。動画は本年度中に完成予定で、4月ごろに動画配信サイトYouTube(ユーチューブ)などを通じて配信する。問い合わせは県新産業・基礎科学課、電話0952(25)7129。